MENU

プラズマローゲンEXのデメリットや副作用は?

長期間飲むことになるサプリメントや健康食品こそ、自分に合った成分であるかどうか知った上で慎重に選びたいものですよね?

 

商品のメリット・デメリットや副作用の有無などを理解していただくため、プラズマローゲンEXがどのような成分でどうやって製造されているかご紹介します。

 

プラズマローゲンを最大限生かす4大成分の秘密とは?

 

プラズマローゲンEXはローコスト=手軽に続けられる価格を追求しているプラズマローゲンサプリですが、それを可能にしたのが最適な成分配合比率です。プラズマローゲンは希少かつ効果な原料なので、それを多目に配合すると値段が高くなりすぎて、本当に商品を求めている人にとって購入しづらいという問題点が出てきます。

 

実際、いざ購入してせっかく効果を感じることができても、値段がネックとなって継続することが難しいのであれば本末転倒ですよね。また、プラズマローゲンはあまり高い濃度で用いるよりも、低い濃度で用いた方が効果的な傾向があるという報告もあります。

 

プラズマローゲンEXはプラズマローゲンと相性の良いホスファチジルコリン・ホスファチジルセリン・ホスファチジルエタノラミン・スフィンゴミエリンという4大成分をバランスよく配合しています。それによりプラズマローゲンを高濃度に配合した場合と同様の効果が発揮できることを目指しており、モニターの満足度は86.7%に達しています。

 

成分を吸収しやすいカプセル採用で効果を実感

 

プラズマローゲンEXは胃酸で溶けず腸で溶ける耐酸性カプセルを採用して、成分が腸にまで届いてから吸収される仕組みになっています。もともと体内に存在するものですから有害性はなく、プラズマローゲンの成分として採用する原料は国産の鶏ムネ肉由来で、人に対する治験結果は良好とのことです。ただし鶏肉、卵、ゼラチンのアレルギー表示がされているので、アレルギー症状による副作用の心配がある方は注意した方が良いでしょう。

 

また、原料は国内で生産者を明確にしたものを用いているので鳥インフルエンザ感染等の心配もなく、製造も国内工場で品質管理を徹底しています。国内工場は公益財団法人日本健康・栄養食品協会により適正製造規範(GMP)に合格した、GMP認定工場ですので安心です。

 

 

プラズマローゲンEXってどんなサプリ?|認知症サプリの選び方 TOPへ